Client : Mitsui Fudosan Co., Ltd.
Launch : 2017/12/08
流星と連動したイルミネーション・アート・プロジェクト第二弾
三井不動産主催の日本橋の冬季イベント、流星と連動するイルミネーション・アート・プロジェクト「星降ル森」を企画・制作を担当いたしました。昨年の「願いの森」に引き続きシリーズ第二弾の開催です。


今年は、無数のミラーボールを使用して光と反射の空間作品を創りだすアート集団「mirrorbowlers」と初コラボ。流星観測システム「MeteorBroadcaster」を使って日本上空に出現した流星を観測、検知した流星情報に応じて、森を染め、ミラーボールを照らすライティングの光量・動き・色を制御し、流星とミラーボールが共鳴しあう幻想的な空間を創り出しました。


今年はエリアを拡大し、福徳の森・仲通り・三井タワーの3箇所で実施。
福徳の森では、昼間でも目を引く「シンボルツリー」と周囲の木々につるされた無数のミラーボールを、三井タワーでは、ダイヤ型の中に天体のようにミラーボールが浮き、高さ14メートルのスケールの大きなアートが楽しめる「スターフォール」と、異なる印象の流星連動アートを用意し、日本橋の冬の夜に彩りをそえました。


また1年で最も多くの流星がみられる「ふたご座流星群」到来時には、株式会社ウェザーニューズとコラボし、実際の流星を検知してイルミネーションが光る様子を中継し、多くの流星ファンにも興味をもっていただきました。
/本瀬智美

CREDITS

VIEW ALL WORK