Client : Panasonic Corporation
Launch : 2016/05/29
3Dスキャンで、 誰でもなりきり歌舞伎役者!!
ラスベガスで2016年4月29日~5月7日に行われた「Japan KABUKI Festival in Las Vegas 2016」(主催・製作 松竹株式会社)にて、実施された「3D KABUKI AVATAR」の製作に参加しました。劇場前に、全身を撮影できる3Dフォトスキャンベースを設置し、来場客のアバターがプロの歌舞伎俳優になりきって踊る動画を生成しました。


バスキュールでは、スキャンされた3Dモデルをcinema4に取り込み、 背景やカメラワークなどの演出を加え、レンダリングして Youtube にアップするまでを自動化する仕組みを開発し、期間中約200人分の映像が作られました。


バスキュールでは、リアルタイムレンダリングの仕事がほとんどですが、今回は3DCGソフトを使って動的なデータをプリレンダリングし、リアルタイムよりも高品質な映像を生成するというチャレンジでした。リアルタイム/プリレンダー関わらず、今後もジェネラティブな映像生成の研究・開発していきます。/渡邊 敬之
Anyone can be a kabuki actor by 3D scan
We create “3D KABUKI AVATAR” that took place at “Japan KABUKI Festival in Las Vegas 2016” from 29th April to 7th May, 2016 in Las Vegas. Installed 3D photo scan space that can whole body photographing in front of theater. We generated motion video that avatars of guests dancing as a kabuki actor with pictures which were taken in 3D photo scan space.


Our part of this project is created system to automatize series of process as bellow. Capture scanned 3D models into cinema4, add production like backgrounds and camera work, rendering and upload on YouTube. Approximately 200 motion videos are made during event.


Usually we do real time rendering but this time we challenged to prerendering dynamic date with using 3DCG soft wear to create high quality images more than real time. We keep making study and develop creation of generative images regardless of real time or prerender. /Toshiyuki Watanabe

CREDITS

VIEW ALL WORK